なくしたところに歯を入れる

ブリッジについて

歯科治療において、様々な形態の義歯があります。ブリッジについて説明します。

ブリッジとは

ブリッジは歯が抜けてしまった(または抜いた)場合、抜けた歯の両隣に歯が残っているときに適用されます。まず、抜けた歯の両隣の歯を削ります(支台歯)。ここにクラウンと呼ばれるものをかぶせます。こうすることで、抜けた歯の土台ができます(支台歯形成)。
次に歯型をとり、歯型に合うようにブリッジ(クラウンとクラウンの間に人工歯を連続して固定)をつくります。あとはブリッジを口の中に装着し、かみ合わせの調整を行い固定します。

歯が抜けたあと放っておくと・・・

抜けた歯をそのまま放っておくと、両隣の歯があいている空間に傾いたりします。また、今まで抜けた歯の部分にかみ合っていた歯にも影響し、歯並びが悪くなっていきます。そうなると歯ぐきに負担がかかり、むし歯や歯周病にもなりやすく、残った歯まで失うことになります。

ブリッジは使用上特に違和感もなく、材料によっては入れ歯であることがほとんどわかりません。しかし人工歯の部分の負担は支台歯にかかり、歯ぐきを痛めます。ですから、抜けた歯が多い場合はブリッジができない場合もあります。また、支台歯はむし歯や歯周病の原因になりやすいので、よくブラッシングすることが大切です。

局部床義歯について

歯科治療においては、いろいろな形態の義歯があります。ほかの歯に負担をあまりかけずにすむ局部床義歯について説明します。

局部床義歯とは

局部床義歯とは歯肉にぴったりと合った床というものに人工歯を取り付け、クラスプとよばれるバネを使ってほかの歯に固定させる方法です。取り外しが可能で失った歯が多い場合に適用されます(失った歯が1~2本の場合はブリッジという方法があります)。ものをかんだときの負担は床を通じて歯ぐきに直接かかります。床は薄い金属か、レジン(樹脂)でつくられます。

金属床

  • 金属のため強度に優れ、薄くできて口の中に入れても違和感が少ない
  • 熱伝導がよいため味覚を損なわない
  • レジン床に比べ値段が高い

レジン床

  • 金属床に比べて強度が落ち、厚みがあるため違和感が多い
  • 熱伝導が悪い
  • 金属床より値段が安い

また、床につける義歯にも金属、レジン、ポーセレン(陶材)があり、それぞれの特徴を理解した上で選びましょう。局部床義歯の短所としては、

  1. バネ(クラスプ)のみの固定なので安定感がないこと
  2. 床(歯肉に直接ふれている部分)に慣れるまでの違和感が強い
  3. バネをかけた歯の清掃が悪いと、むし歯や歯周病になりやすいなどがあります

バネを付けないで、歯にパチンとはめこんで固定する義歯もあります。
違和感が少なく見た目も自然感があります。
保険適用外の治療になります。(ノンクラスプデンチャーの項参照)

総義歯

全く歯がない場合の治療の選択肢としては、総義歯ないしはインプラントになります。総義歯(総入れ歯)の方は、特に下あごが総義歯の場合は、噛みにくいことが多いです。上あごの総義歯は調整によって、何とか安定させることができますが、下あごの場合、あごの骨の厚さによりますが(あごの骨は歯がなくなると徐々に吸収されて薄くなっていきます。)ほっぺたや舌の動きによって、義歯が安定せず、かみにくいことが度々あります。さらに、下の総義歯は噛むと痛みを感じることが多く、しばしば調整が困難なこともあります。
このような場合、もうひとつの選択肢として、インプラント治療が挙げられます。歯の抜けた部分にインプラント(人工歯根)を埋入し、その上に支台部と人口の歯を固定する治療法です。

しかしこの方法は料金が高く、1本埋入するのに通常30万円以上かかるとされています。あご全体にわたってインプラントで治療を行うことは手術による侵襲が非常に大きく、料金もかなり高額になります。そこでこのインプラントと総義歯のよいところを組み合わせて、手術による侵襲を低くするとともに、料金を抑えた方法がミニインプラントによるオーバーデンチャーです。

お問い合わせ・ご予約