義歯

ノンクラスプデンチャー

保険の部分入れ歯は残っているしっかりした歯に針金で維持をつけます。右と左の両サイドにわたる場合は板状の金属でつなぎます。こうした装置では違和感ないし異物感が強くあり、患者さんによってはなかなかなじまない人もおられます。ノンクラスプデンチャーは、こうした金属はほとんど使わず、ピンクの床の部分が直接歯にパチンとはまって維持力が生まれます。床に使われている素材も保険のものと比べると、随分薄く表面の性状も滑らかで、快適です。
金属の維持装置がないので口元の見た目も大きく変わります。金属が口の中で目立たず、自然な美しさのある入れ歯です。

マグネット義歯

残っている歯が少なくて、通常の部分入れ歯では、うまく維持できない、あるいはその歯に負担がかかりすぎるという場合、または残っている歯が歯根だけであってもある程度しっかりしていれば、この方法で義歯が安定して比較的よくかむことができます。総義歯に比べると格段に安定した状態を保つことができます。残っている歯が少ないわりにはそこそこいい状態を長期間持続できることもあります。残っている歯が少ない時はこの方法を検討してもいいかと思います。
小さくても強力な磁石なので義歯がピッタリと固定されるので、口の中で動くことなく快適です。

ミニインプラントによるオーバーデンチャー

通常のインプラントよりも小さいものを使用して、その上に、総義歯をはめ込むようなものです。このインプラントをミニインプラントとよびます。その上に載せる総義歯のことを、オーバーデンチャーと呼びます。こうすることで、手術の侵襲を少なくし、しかも安価で安定も良く、さらに固いものでもかめる総義歯にすることができます。

治療方法

  • チタン製ネジを歯ぐきの上から埋めこみます。
  • 麻酔をするので、痛みはありません。
  • 義歯の裏側に特殊な金具を付けてちょうどホックで留めるように入れ歯とネジをカチッとはめこみます。

特徴

  • 歯ぐきは切りません。
  • 通常治療後、数時間で食事ができます。
  • 義歯が動きません。(着脱は自由にできます)

お問い合わせ・ご予約