かかりつけ歯科医

かかりつけ歯科医

小さなお子様がいる方は、かかりつけの小児科医などがあると思います。
それと同じようにかかりつけの歯科医を持つことは、歯の健康を守るために大切なことです。

単に長い間通い続けているからといってもこれはかかりつけ歯科医とはいいません。かかりつけ歯科医とは、患者さんの歯の健康を管理、指導することが出来る歯科医のことです。治療以外のことでも以下のことを行います

  1. 患者さんの定期健診・保健指導・予防処置などの継続管理。
  2. 介護が必要な高齢者・障害者への支援。
  3. 行政機関(保健センターなど)などが実施する歯科関連事業への協力。
  4. 医療機関(歯科以外も含む)との円滑かつ効率的な連携。
  5. 歯科保健医療情報の管理や、健康教育、健康相談。

また、当院では以下のことに気をつけています。

  1. 治療の内容を丁寧に説明する。 歯科医には治療の内容を説明する義務があります。そして患者さんはその内容を納得し、いくつかの選択肢から治療方法を選ぶ権利があります。これをインフォームド・コンセントといいます。 何の説明もないままに治療が始まり、高額な金額を請求されたのでは信用できません。当医院ではインフォームド・コンセントを行っています。
  2. 治療の内容を丁寧に説明する。 歯科医には治療の内容を説明する義務があります。そして患者さんはその内容を納得し、いくつかの選択肢から治療方法を選ぶ権利があります。これをインフォームド・コンセントといいます。 何の説明もないままに治療が始まり、高額な金額を請求されたのでは信用できません。当医院ではインフォームド・コンセントを行っています。
  3. よい歯科衛生士がいる。 歯科医師と歯科衛生士ががっちりと手を組んで、治療だけでなく定期健診などの予防も熱心に行います。

お問い合わせ・ご予約