診療案内

診療案内

治療の進め方について

虫歯、歯周病、義歯、子供の歯科治療など歯科一般の治療を保険診療主体で丁寧に行います。
最近増加している顎関節症にも対応します。大抵の治療はほとんど保険診療の範囲内で行えます。
ただし、矯正や、審美にかかわるもの、義歯やかぶせものでも特殊なものは保険適用外となります。
望まれるのは多くの場合で保険診療ですので、標準的な診療のガイドラインに沿った治療を行っていくことになります。
しかし患者さん自身で保険外の治療を望まれる場合、あるいはこちらが判断して保険適用外の治療のほうがよいと思える時はそれを説明し、お勧めすることもあります。
どちらの場合でもよく検討していただいて、最終的にはご自身で決めていただくことになります。

治療以外でも歯科検診を無料で実施しています。

学童期のこどもの治療

6歳ごろになると乳歯の一番奥に永久歯が生えてきます。
これを6歳臼歯と言います。この歯は噛むために一番大切な歯で、しかもかみ合わせと歯並びの基本となる歯でもあります。
しかし、生え始めの6歳臼歯は乳歯より背が低く歯ブラシが届きにくいので非常に虫歯になりやすい歯です。
そこでこの歯を磨くときは小さめの歯ブラシで口の横から入れるようにして丁寧に磨くのがよいと思います。

小学生の虫歯、特に乳歯は生えかわるといって、その治療がおろそかになっていませんか。
奥の乳歯と乳歯が接しているところで虫歯になりやすいのですが、これを放置すると、永久歯が生えてきたときに歯並びが悪くなる恐れがあります。
奥の二本の乳歯の下から永久歯が二本生えてきます。
その部分で虫歯になって歯質が崩壊すると幅がつまってしまって永久歯の生えるスペースが狭くなりそのためきれいに並ばなくなってしまうのです。

高学年になるにつれ歯並びが気になるお子さんも出てきます。 年に一回歯科検診がありますが、乳歯と永久歯が混在している時期は、できれば半年に一回歯科医院で見てもらうほうがよいでしょう。
小さな歯列不正であれば適当なタイミングで乳歯の側面を少し削ったり、抜くことで永久歯をうまく並ばせることができます。
こういう治療のことを咬合誘導といいます。
気になる歯並びはそのまま長い期間放置すると矯正治療が必要になることがありますが、早めに治療すれば咬合誘導である程度改善させることができます。

中学生から高校生にかけて

最近虫歯は少ないように感じるのは私だけではないでしょう。
しかし歯肉炎という歯ぐきの病気は増加しています。
私は中学校で歯科の校医をさせてもらっていますが、歯科検診で最近特に感じることは、昔のように虫歯がひどく進行している生徒は非常に少なくなっているのに歯肉炎にり患した生徒は増えていることです。
これは大人でいえば歯周病がこの年代の子供に歯肉炎となって現われている現象だと思われます。 食生活が変化して、特に繊維質の野菜を摂取することが少なくなったからではないかと考えています。繊維質の野菜はかむことで歯をきれいにし歯垢をおとすからです。
たかが歯ぐきが少し炎症を起こしているだけだと考えるのはいけません。
歯周病もそうですが、歯肉炎も特に強い症状が出ることなく進行します。
そして、高校生から大人になるにつれ、それが歯周病となっていくのです。
しかし、この時期であれば、適切なブラッシングを行えば、改善し病気の進行を抑えることができます。

小学校の時は比較的こまめに歯医者に行って虫歯を治療していたのにだんだんずぼらになりがちなのもこの時期です。
やはり定期的に診察を受けることは大事なことです。
そして、この時期にその人固有の歯並びが確立していく時期です。
歯並びも少し程度の不正であれば逆にそれがその人らしさをあらわす一つの個性だといえるかもしれません。
しかし、たとえば一番目立つようなところで1,2本であっても極端に歪んでいるとか、とび出ているとなると、大きな口をあけて笑えないとか、物事に消極的になるなど本人の性格にも影響を及ぼしかねません。
こういった1,2本の歯の並びだけを改善する矯正の治療方法を小矯正と言います。
小矯正の方法はいくつかありますのでその人に応じた方法で治療することになります。
ただしこの治療法は、保険外の治療になります。

高校卒業から20歳代の期間

歯ぎしりは特にこの年代に多いわけではありませんが、眠っている間に、上下の歯を強くかみ合わせることによって引き起こされます。
本人は気付かないことがほとんどで、家族から指摘されて歯科を受診されることが多いです。
かみ合わせや不正な歯並びが原因で、あるいは精神的なストレスでも引き起こされます。
根治的な対応は困難な場合が多いです。
しかし歯ぎしりをしているときはとても強い力が働いているので、放置しておくと、歯が欠けたり、歯周病を進行させたりすることもあります。
程度が強い時は、ナイトガードと呼ばれるマウスピース型の保護装置を使います。
保険適用できます。

10代後半から20代の女性では顎関節症の発症が、男性の3倍あるといわれています。
特にやや細面の女性に多く、場合によっては突然あごに痛みが走って十分開口できなくなる時があります。
しかし、たいていの場合、先立ってあごを開閉した時にあごに音がすることが多く、少し引っかかるような感じがすることがあります。
突然あごが開きにくくなった時は、ただちに歯科を受診するようお勧めします。

親知らずが生えてくるのもこの時期で、男女を問わず悩まされる方は多いかと思います。
まっすぐ生えて、完全に口の中に出て来て、対咬する歯と噛んでいれば、(野球選手のイチローは上下左右の4本の親知らずがきちんと噛んでいるらしいです。)抜かずに保存することが望ましいのですが、現代人の場合、あごにそれだけのスペースがないことが多く、半分埋もれていたり、斜めに前の歯に寄りかかったりする場合が多いのです。
歯ぐきから全部顔を出していない場合は、しばしばその部分で炎症を引き起こし、歯ぐきがはれて痛みをともないます。
一度おさまっても、何度も腫れを繰り返すことも多く、そういう場合は、抜いたほうがすっきりします。
特に女性の場合は、この年代で結婚、妊娠、出産を経験していく中で、問題のある親知らずを持っていると、いざという時に抜いたり、薬を服用するなどの処置がしづらい時があります。
気になるときは、早めに診てもらうほうがよいでしょう。

そして、審美歯科に対する要望が高いのも女性です。
とくに歯の白さに関して、たいていの人が強い関心をお持ちです。歯を漂白して白くする方法をブリーチングといいます。
歯を漂白する方法はいくつかありますが、当院ではご家庭でも比較的簡便に取り扱えるナイトホワイトのシステムをお勧めしています。
ただ注意が必要なことはどの程度白くなるかは最初の状態によることで、どのような着色歯でも真っ白になるわけではありません。

前歯が特に強く変色している場合に、適用できる治療法は、いくつかあります。
歯全体を削って白いかぶせものでさし歯にするか、あるいは歯をあまり削らずにシェル状の樹脂を貼り付ける方法などです。
さし歯の種類もいくつかありますが、メタルボンドはその代表的なものです。
シェル状のタイプはラミネートベニアと言います。
いずれも保険外の治療法です。
アメリカの元俳優、シュワルツェネッガー氏の映画を見ていると初期の作品では一番前の左右の歯の間があいていました。
ところが、ある時期からぴったり接しているのです。
たぶんこれはラミネートベニアをつけたのだと思います。

少し程度であればラミネートベニアで前歯の隙間を埋めてわからなくすることができます。
過去に治療した詰めものは、金属の場合が多いものです。
それが前歯に近い場所であれば口を大きくあけたり、前から見た時に目立つこともあります。
今では、充填の材料や、技術の向上により適用範囲も広がり、白い樹脂を詰めることにより、白い歯に変えることができます。
これは保険治療でできることです。

30歳から50歳代へ

35歳から44歳の人ではおよそ85%、45歳から54歳では90%の人が歯周病にかかっています。
歯を失う原因の第1位が虫歯で、次が歯周病です。
特に40歳あたりから歯周病の比率が高くなっています。
歯周病は歯そのものではなく歯の周りの組織に起こる病気で初期にはあまり強い痛みを伴わないので重症になるまで気づきにくく放置されやすい病気です。
歯周病の原因は歯垢(しこう)(歯の汚れ)の中の細菌です。
歯垢に唾液中の無機質が沈着して硬くなったものが歯石です。

歯垢(プラークともいう)はブラッシングでおとせますが、歯石は硬いので歯科医院で専用の器具を使わないと取れません。
歯肉溝と呼ばれる細い隙間が歯肉と歯根の間にあり、そこにプラークが溜まり歯石を形成していくうちに組織を破壊して深くなります。
この溝のことを歯周ポケットといいます。
歯周ポケットが3ミリ以上になると歯肉から出血したり、赤く腫れたり、膿が溜まったりします。歯ぐきがやせて、一見すると歯が伸びたように見え、歯と歯の間の隙間が広くなったり露出してきた歯の根元の部分がしみたり(知覚過敏)根元の虫歯が増えてきたりもします。口臭がひどくなって、最終的に骨がおかされ、歯がぐらぐらになって抜け落ちます。
歯周病は慢性疾患で、特徴として強い痛みがなく静かにきわめてゆっくり進行するのでなかなか病気として自覚しにくく、知らないうちに症状が進んでしまいます。
歯周病の原因はプラーク中の歯周病菌ですが、ストレスや食生活、喫煙などの生活習慣とも密接にかかわっていることがわかってきました。
歯周病が生活習慣病といわれるゆえんです。

さらに最近では糖尿病や心臓病などの全身疾患とも深い関係があることが分かってきています。
重度の歯周病では歯周病菌の毒素によりインスリンの効きが悪くなり、血糖コントロールが悪くなる。
一方2型糖尿病では、合併症で免疫機能が落ちているので歯周病が悪化するという相互作用がある。
糖尿病患者ではそうでない人に比べると8.6倍歯周病が悪化するというデータがあります。

アメリカの研究者らは喫煙が歯周病の危険因子のなかでも最大であることを明らかにしました。
たばこの害は口の中だけではなく、強い発がん性を有しているが、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させるので毛細血管の流れが悪くなる。
流れが悪くなると炎症や腫れが引き起こされるし、免疫機能も低下させる。
喫煙の習慣があると、歯周病が進行する危険度が2~8倍高くなることが報告されています。

口臭の原因の9割が歯周病とも言われています。
それをさらに強めるのが、虫歯や、喫煙、舌の表面に付いている舌苔などです。
口臭を気にされる方でも、実際はそれほど強くないことも多いです。
胃が悪いと口臭が強くなるといわれますが、そういうことはありません。
歯周病の治療をして、舌苔を取り除く舌ブラシを使い、たばこをやめるのがよいかと思います。正しいブラッシングと歯周病になりにくい生活習慣を心がけることで病気は予防できます。
また、早期発見、早期治療により進行を止めることもできます。
ぜひ、定期的な受診、健診をお勧めします。

60歳を過ぎて

この年代になると歯をなくすことが多くなってきます。喪失した歯が少なくて両隣りに残っている歯がしっかりしている場合はブリッジという方法で人工の歯を入れることができます。
すなわち、隣の歯を一層削り、かぶせると同時に歯の抜けたところに人工の歯をつなげるのです。 抜けた歯をそのままにしておくと、隣の歯やかみ合う相手の歯が傾いたり伸びてきて噛み合わせや歯並びが狂います。
このブリッジは固定式の装置なので噛みやすく違和感も少ないものです。

しかし、喪失した歯の本数が多い場合、特に奥に歯が残っていないときには、自分で着脱する部分入れ歯(局部床義歯)をつけることになります。
入れ歯が動かないように残っている歯に金具で固定するようになります。
入れ歯は作ってからも調整が必要できちんと使えるようになるまでは結構回数がかかります。
固定式のものと比べると違和感が強くやや噛みにくいことも多く、人によってはなかなかなじまず、つけてもらえないこともあります。

しかし最近では、保険外のもので、この金具を使わず違和感の少ない入れ歯があります。
ノンクラスプデンチャーとよんでいます。これはおおむね好評で、欠損の歯がかなり多くても対応できます。
しかし残っている歯が歯周病でしっかりしてないときはこの方法も難しくなってきます。
残っている歯の動きの程度によっては、歯の上の部分を切り落として歯根だけ残し、それに磁石を付けて入ればの維持することもできます。
こういう入れ歯をマグネット義歯と言います。
マグネット義歯は、総義歯に近い形になることも多いですが、完全に総義歯の場合とは噛みやすさはやはり違います。このように義歯もいろいろなものがあります。最初は保険の義歯を作って、調整してなじませるのがよいと思います。しかし、どうしてもうまくいかないときは保険外のものを検討してみてもいいかと思います。

訪問診療について

寝たきりの方、脳梗塞などの疾患のために来院が困難な患者さんには、自宅にお伺いして治療を行う訪問診療の制度があります。
保険治療の対象になりますので料金は通院治療の場合とあまり変わりません。

お問い合わせ・ご予約