虫歯の治療

インレーについて

むし歯治療には状態に応じた様々な治療法があります。むし歯の状態が初期であればあるほど歯科医師も患者さんも少ない負担で治療できます。

初期のむし歯

初期のむし歯であれば悪い部分を削って、そこに詰め物をします。詰め物にはコンポジットレジン(硬いプラスチック材)があります。これらはやわらかい素材で、詰めたあと自然に固まりますので、治療も簡単です。

インレーとは

むし歯が進行していくと歯を削る部分も多くなり、削った部分をしっかりと修復する必要があります。これには正確さが要求されるため、型を取り金属の修復材を使用します。型に合わせた金属の詰め物のことをインレーといいます。この場合、型を取ってから金属を溶かしたものを流してつくるので1日で終わりというわけにはいきません。

インレーの製作手順

  1. むし歯がある場合、悪いところを削ります。
  2. 削ったところの形を整え、印象(型)をとります。
  3. 型にあった金属の詰め物(インレー)を作ります。
  4. 削ったところに、型に合わせて作ったインレーを入れ、セメントでしっかり接着して治療を完了します。

最近はコンポジットレジンの性能が良くなってきているので、従来であればインレー(金属)で処置するところでも白いコンポジットレジン(樹脂)で対応することができるようになってきています。

クラウンについて

むし歯治療には状態に応じた様々な治療法があります。むし歯の状態が初期であればあるほど歯科医師も患者さんも少ない負担で治療できます。

クラウンとは

初期のむし歯治療においては悪い部分をちょっと削って詰め物をしたり、インレーやアンレーという金属を詰めたりします。しかしそのような治療では歯を元の形にすることができない場合、クラウンというものをかぶせます。 クラウンの材料としては金属製、ポーセレン(陶材)、レジン(硬いプラスチック材)などがあります。クラウンとは1本の歯全体をいずれかの材料でかぶせる義歯のことです。

クラウンの製作手順

  1. むし歯の悪いところを削ります。
  2. このままではクラウンをかぶせることが出来ないので、削った歯の形を整えます。
  3. 印象(歯型)を取って、それにあったクラウンをつくります。(このときは噛み合わせも調べるため、全体の印象を取ります。)
  4. クラウンをかぶせて微調整を行い、セメントで接着して治療を完了します。

これらの治療は人によって材料の選択や治療法などが変わります。材料によっては保険がきかない場合もあります。

最近は小臼歯(犬歯の後ろ2本の歯)には保険治療でも白い被せ物ができるようになりました。CAD/CAM冠といいます。(TOPページ参照)

お問い合わせ・ご予約