矯正治療

矯正治療

歯並びの悪さは美容の問題以外に不正咬合、発音障害、むし歯、歯周病などの原因にもなります。また義歯をつける際、歯並びを直さないとつけられない場合があります。

矯正治療の流れ

矯正の治療にはとても時間がかかります。専門医が行う矯正治療は一般的には2~3年、あごの骨の矯正を含めると6~7年かかることもあります。 矯正治療は保険外診療となります。

  1. 歯型をとり、レントゲン撮影をして歯の状態を検査します。その結果からどのように矯正するかを決めます。
  2. 次に矯正装置をつけます。これは一度装置をつけたら終わりではなく、何度となく来院していただくことになります。
  3. ひどい乱杭歯(歯ぐきの横から生えている歯)などは抜かなければならないことがあります。
    また、上と下のあごの大きさが違うことが原因で起こる不正咬合には、別の装置をつけたり、手術をして骨を削ったりすることもあります。

矯正装置

一般的には歯の表側にブラケットと呼ばれる金属をつけます。全部の歯並びを治す場合、すべての歯にブラケットという装置を取り付け、それに細いワイヤーを通します。ワイヤーをしめることで歯に力を加え、徐々に歯並びを治していきます。(マルチブラケット法)
目立たないように歯に似た色でプラスチック製のものもあります。また、歯の裏側にブラケットをつける方法もあります。しかし、機能性、耐久性の面や費用が高くなるという短所があります。

当院では1歯あるいは数歯に限定して、歯を移動させる小矯正(M.T.M)を行っています。

小矯正(M.T.M)

矯正の専門医が行う治療は、あご全体にわたって装置を取り付け、何年もかけて行うことが多いものです。しかし、場合によっては移動させたい歯が1ないしは2~3歯で、その他の歯はそのままにしておきたいことがあります。使う装置を最小限にし、期間を短くし、料金を抑えた治療を行うのがM.T.Mです。

写真のように一番前の歯に注目すると、治療前、やや斜めに隣の歯と重なっていたのが治療後はまっすぐに改善しています。

前歯の歯並びが

  • 1(~3歯程度まで)本、前方に突出している
  • 1(~2歯程度まで)本、引っ込んでいる
  • 1(~2歯程度まで)本、斜めにはえている
  • 前歯が重なり合ってはえている
  • 1本が上方(下方)にはえていて、他の歯とかなり高さが違う

等のような場合、MTMで治療できる可能性が充分考えられます。

当院では充分な検査をした後、6~12ヶ月程度でよくなる見込みのものについては、相談の上、治療に入ることができます。
料金的には5~10万円程度となります。(保険診療外)
子供だけでなく、成人の場合も、同様の方法で治療可能です。

床矯正装置

子供の場合、床タイプの矯正装置を使うことも多いです。これは取り外し可能で、目的の歯に針金をかけることで、徐々に力をかけて、移動させるものです。図参照。治療期間の目安は、半年から一年くらいです。

お問い合わせ・ご予約