歯周病

歯周病とは

歯周病は生活習慣病であり、慢性の炎症性疾患です。その対策には日々の正しいブラッシング、それに加えて定期的健診と処置。これが非常に重要です。

  1. 歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。

  2. ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。

  3. ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。このころは口臭もあり歯が浮いた感じがします。強くかむと痛みを伴い、歯がぐらついてきます。

  4. 歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。

歯肉溝の中にプラークが蓄積して、プラーク中の細菌で歯肉に炎症がおこり生体に免疫反応が起こります。
プラークが石灰化して歯石となり歯根膜を破壊して歯周ポケットが深くなります。

プラークが唾液中のリン酸カルシウムによって硬く石灰化したものが歯石です。
歯石は固く表面にこびりついているので歯ブラシでは取れず、専用の器具が必要です。歯肉炎も歯周病もプラーク中の細菌が原因でひきおこされます。
歯周病の原因菌は歯石の中にも存在していて歯石は細菌の塊といっていいでしょう。

歯槽骨が吸収してしまった人の口腔内写真と、その同じ場所のレントゲン写真です。
本来の骨のラインと、吸収してしまった現在の骨のラインを比べる。本来の骨のラインに比べ、6~7mmくらい骨が破壊されています。
この部分の歯はもうぐらぐらで今にも抜け落ちそうです。当然食べ物もうまく咬めず食事もおいしくないでしょう。

お問い合わせ・ご予約