顎関節症

顎関節症について

最近よく顎関節症という病気を聞きますが、顎関節症とはどういう病気なのでしょうか?

顎関節症とは

あごの骨(関節)の病気ですが、様々な症状があります。

  1. あご周辺の筋肉痛
    あごばかりではなく、首や肩に痛みがあります。ひどいものになると、腕や手の指なども痛むことがあります。
  2. あごの関節そのものの痛み
    口を開けるときにコキッと音がしたり、あごの関節から耳あたりまで痛んだりすることがあります。
  3. 口を開けられないほどの痛み
  4. 雑音
    あごを開けたり閉じるときにカクッとやポキッという音がする
  5. 開口障害
    あごが一定以上開けられない。通常4横指といって指4本たて向きの幅程度は開口できる。
    それが2横指ぐらいしか開かないときは顎関節症が疑える。矯正する必要があります。

顎関節症の原因

  1. かみ合わせが悪い(不正咬合)
  2. 入れ歯や、むし歯などの治療の不適合
  3. 精神的ストレス、歯ぎしり・・・・・・など

顎関節症は、症状も多様ですが原因もかなり複雑に関わっているので治療法もいろいろあります。まずは当医院にご相談下さい。

顎関節症の治療

あごを動かしたときに起こる関節痛、関節雑音、開口障害などの障害の総称を顎関節症といいます。慢性的な疾患で若い女性に多くみられ、主に咬合異常や精神的ストレスなどが起因しています。

あごの調子がおかしいなと思ったら

顎関節症にはいろいろな原因が考えられるため念入りに検査する必要があります。模型をつくって噛み合わせを調べるほか、問診・触診・レントゲン検査などで検査をします。

治療方法

咬み合わせが原因である場合が多いので、咬み合わせを診査し治療します。
入れ歯を使用している方はまず、入れ歯が合っているかどうかをチェックします。合っていなければまずそれを治さなくてはいけません。歯周病が原因のケースもあります。そういったあらゆる原因を取り除いたうえで、あごの治療を行います。
治療には薬を使用したり、あごの関節の負担を軽くするための装置を口の中に入れたりします。
そのような治療で改善されなければストレスが原因のこともあります。

おかしいなと思ってそのまま放っておくとさらに悪化して、治りにくくなることもありますので、すぐに当医院にご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約